育成コンセプト

ジュニア時代にサッカーをプレイする為の脳と体の動作の連動性を高めること、自分で考え状況判断をし的確な対応ができる能力を身につけること、誰より負けないメンタル、心を育てること。そしてジュニアユースに進学する段階には、どこのチームに行っても自分の能力を最大限発揮し、チームに適応し高いレベルのプレーができる選手を育成することです。どんな状況でもチャレンジ(負けない心)ができることが重要であり、勝利者のメンタリティー持つ一人の人間として素晴らしい人格を持つ選手になってもらうことです。

★コーディネーショントレーニング

1. 定位能力 2. 変換能力 3. リズム能力 4. 反応能力5. バランス能力 6. 連結能力 7. 識別能力

7つの項目で構成され、「幼稚園~12歳」くらいまでがさらに効果的と言われています。

目から入る情報と体の連動した動きをより滑らかにし、意識と反応の速さやボールの落下位置予測などサッカーで重要な動きを覚えるためのトレーニングで、「基礎運動能力」を高めるため五感に働きかけるトレーニングです。

★トレーニング時間は80分とし、コーディネーション・ドリブル・一対一・ミニゲームを基本内容とします。

・サッカーや運動で必要な基礎運動能力を高めるトーレーニング「コーディネーション」を学びます。

「1対1」の対人強化を中心に「技術習得と自由な発想(イメージ)」を大切にしたトレーニングを実施します。

強化項目

・コーディネーションを意識したトレーニング

サッカー(試合)で必要な基本動作のトレーニング。

競争を意識しながら個人技を習得し試合で必要なスキルの習得のトレーニング

・1対1のおける基本動作及び負けないメンタルのトレーニング

★トレーニング時間は120分とし、コーディネーション・ドリブル・一対一・ミニゲームを基本内容とします。

・サッカーや運動で必要な基礎運動能力を高めるトーレーニング「コーディネーション」を学びます。

「1対1」の対人強化を中心に「技術習得と自由な発想(イメージ)」を大切にしたトレーニングを実施します。

・個々の成長に合わせたトレーニングを実施し、「ゴールへ向かうメンタリティー」などを学びます。

強化項目

1対1の対人強化を中心に技術習得での勝利へ競争意識の育成

・掲げられる項目は「オフェンス」「ディフェンス」を大きな項目に分け実施

競争を意識しながら試合で必要な個人技術・戦術のトレーニング

・トップスピードでも技術を発揮できるためのトレーニング

・ゲームにおける、ボール・体・手の使い方のトレーニング